Love life you live. Live life you love.

苺三昧の春とオーストラリアの春分の日

2020/06/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふみぃ
オーストラリアで自然派子育て中の2児の母です。学校に行かない教育法(アンスクーリング、ホームスクーリング、ワールドスクーリング、ナチュラルラーニングと呼ばれる)、薬に頼らない健康法、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理のレシピ、など出来るだけ自然に寄り添う暮らしとささやかな幸せを追求していっています。

9月23日(日)は日本と季節が正反対の
南半球オーストラリアでは春分の日でした。

日曜日はいつもの通り1週間分の野菜や果物を
オーガニックマーケットで調達。
苺の季節なので400gの苺のパックをいつものお店で
8パック20ドル(日本円で1500円~2000円位)で購入。

つまり3.2㎏!!!購入したことになるので
1kg当たり630円以下になります。
オーガニックでこのお値段はかなりお得。
ここのところ毎週同じお店で8パック購入して
空になったパックをリサイクルの為にお店に返却、
という事を繰り返しています。

うちの家族は皆、苺やベリー系が大好きで
8パックのうち1/3~半分位冷凍することもありますが
とにかく毎週ぱくぱくおやつやデザートに食べてペロリです。
洗ってヘタをとり冷凍したものは
そのまま冷凍イチゴとして食べたり
苺アイスクリームや苺シャーベットにしたりします。

アイスやシャーベットも市販のものは買わず全て手作りなので、
シーズンもののフルーツを冷凍しておくのも我が家の大事な戦略です。

ベリーにはビタミンや抗酸化物質(アンチエイジング)がたっぷりで
自然な収穫シーズンである春しか基本うちでは買わないので
ここぞとばかりに贅沢な苺三昧生活ができる春が大好きです。

ローカルマーケットでお買い物をしていると
今年もそろそろ○○が出回ってきたなぁと
スーパーではわかりにくい「季節」を感じやすくなります。

ビニールハウスで季節に関係なく栽培したり
他の国や遠い他のエリアから輸送してくることもなく
この地域で今の季節に出来たものを基本的にマーケットでは販売しているので
一番美味しくて自然な栄養価も高くて価格も安くなる時期に
野菜や果物を手に入れることができます。

またここ最近オーストラリアではスーパーで売られていた苺に
針が入っていたという事件が起き
沢山の苺が回収されるということがありましたが
生産者も流通経路も販売経路もスーパーのものと違い
オーガニックマーケットのものははっきりしているので
特に心配なくぱくぱく食べれるのもうれしい限りです。

今回はマーケットで巨大なレタス(Cos Lettus)も購入。
巨大さ、わかりますか?通常の3個分はありそう。
マーケットで他のオージーもこれを見て
「ワォ、大きいねぇ!」って声かけてきました。
これが2.5ドル(200円位)でした。
オーガニックでこの大きさ、この値段はすごく安い!!

マーケットの後は友人のお宅で春分の日お掃除会。
腰をしばらく痛めていて家事が出来ず、
落ち込んでいるホームスクーリングママ友の為に
お友達が沢山集まってお昼ごろまで彼女のおうちのお掃除を手伝いました。

こうやって困っている人を自然に皆で助けたり支えあう
このホームスクーリングコミュニティが私たちは大好きです。

持ち寄りのエネルギースナック用に私が持って行ったのは
うちの3歳児が大好きなベイクドスイートポテト。

私たちがお掃除やおしゃべりに忙しくしている間
子供たちはお庭で遊びます。
そのお家のパパが造ったキャビーハウス(Cubby house)が木の上にあって
そのツリーハウスやターザンロープ、トランポリンなどなど遊びには事欠きません。
街中なのに半エイカー(約2000㎡)はあるお宅なので
お庭がとても広く、森の中のようです。



子供たちはニワトリも仲間に入れて一緒に遊んでいました!

この記事を書いている人 - WRITER -
ふみぃ
オーストラリアで自然派子育て中の2児の母です。学校に行かない教育法(アンスクーリング、ホームスクーリング、ワールドスクーリング、ナチュラルラーニングと呼ばれる)、薬に頼らない健康法、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理のレシピ、など出来るだけ自然に寄り添う暮らしとささやかな幸せを追求していっています。

Copyright© Fumi Solway , 2018 All Rights Reserved.