Love the life you live. Live the life you love.

私がアンスクーリングを選んだ背景

2022/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子ども達がオンリーワンの才能や情熱を育み、 主体的に力強く生きていくアンスクーリングで子育て中のオーストラリア在住2児の母です。一度しかない人生、親も子も時間や場所、固定観念に縛られず自由に自分らしく生きていこう!と自ら実践中♪薬に頼らない健康法や、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理を実行したりといった出来るだけ自然に寄り添う暮らしの中で楽しむアンスクーリングライフをご紹介しています。

 

 

赤ちゃんって凄い!

 

私たちが学校に行かない「アンスクーリング」

を選んだ背景というのは、

 

長女が赤ちゃんの時に

私は「赤ちゃんってすごいなぁ」

と思ったんですよね。

 

赤ちゃんは本能で世の中を知ろうとしている

 

赤ちゃんって本能で生きていますよね。

すごく好奇心旺盛で。

どんどんお口の中に入れて

舐めていたりとか。

 

お口に入れて舐めるというのは

形を確かめていたりとか、

舌触りをみていたりしている。

 

はいはいできるようになったら、

どんどんいろんなところに行って

触ってみたりとか。

 

自ら積極的に

世の中を知ろうとしているんですよね。

 

赤ちゃんはむっちゃ努力家

 

立ち上がれるようになってくると

誰かに指示されたり

教えてもらわなくても

 

自分のベストなタイミングで

勝手に立ち上がって、

 

倒れても、何度も何度も倒れても

ちゃんと歩けるように

一歩一歩、努力する。

 

そんな風にスキルを常に磨いてる。

 

赤ちゃんは習得すると次のステージへ

 

つまり、各発達のステージで

その時にやらなきゃいけない、

その時に興味を持っているステージ

というのがあって、

 

それを習得して上手になると

次のステージに行くんですよね。

 

ところが、学校に行くと?

 

 

学校に行くと、机に座って、

先生に言われることを聞いて。

 

それまで、自分が内側から出てくる欲求に沿って

どんどん世の中を知ろうってやっていたのが、

急にその欲求に

蓋をしなきゃならなくなる。

 

アンスクーリングと出会ったら、そりゃ選ぶっきゃない!

 

そうじゃなくて、

内側から湧き出る本能的な欲求に

蓋をしないで

 

その凄いパワーを持った欲求を

親が信じて

尊重してあげたら、

 

つまりこのまま育てていったら

どうなるのかな?

と思った時に

アンスクーリングに出会い、

 

私は直感的に「これだ!」と思って

アンスクーリングを

選んだんですよね!

 

まとめ

 

ここまで読んで

「確かに赤ちゃんって凄い!!天才!!」

って思ったのなら、

 

子供達の内側から湧き出る欲求を尊重する

アンスクーリングについて

もっと学ぶ為に

こちらから登録してね♪

不定期開催の無料講座に参加する

 

無料登録すると

「アンスクーリングわくわくマンデー」ライブの

お知らせも届きますよ♪

 

次回は?

 

次回、

アンスクーリングで良かった!と思う利点

についてお話したいと思います♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子ども達がオンリーワンの才能や情熱を育み、 主体的に力強く生きていくアンスクーリングで子育て中のオーストラリア在住2児の母です。一度しかない人生、親も子も時間や場所、固定観念に縛られず自由に自分らしく生きていこう!と自ら実践中♪薬に頼らない健康法や、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理を実行したりといった出来るだけ自然に寄り添う暮らしの中で楽しむアンスクーリングライフをご紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ハピネスの森 アンスクーリング・ライフ , 2022 All Rights Reserved.