Love the life you live. Live the life you love.

不登校から海外へ行ってチャンスを掴んだ ユウジさんのお話 第3話 決意!海外へ

2022/07/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
子ども達がオンリーワンの才能や情熱を育み、 主体的に力強く生きていくアンスクーリングで子育て中のオーストラリア在住2児の母です。一度しかない人生、親も子も時間や場所、固定観念に縛られず自由に自分らしく生きていこう!と自ら実践中♪薬に頼らない健康法や、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理を実行したりといった出来るだけ自然に寄り添う暮らしの中で楽しむアンスクーリングライフをご紹介しています。

前回、「不登校から海外へ行ってチャンスを掴んだ

ゆうじさんのお話 第2話 中学校、高校編

についてお話しました。

 

今回は、

「ユウジさんが海外に行く決断をしたことについて」

のお話です。

 

きっかけは母を亡くしたこと

 

―――高校の時、ユウジさんは、

ご自分を守るために悪い仲間と

付き合われていましたよね。

その後、どう過ごされていましたか?

 

ユウジさん 僕は18歳で、母を亡くすんです。

そのことがきっかけで、

アメリカに踏み出したんですよね。

 

僕の場合は、アメリカに行く、行ったことが、

一番のターニングポイント

だったかもしれません。

 

それは自分で希望して。

 

日本にいても、がんじがらめ

 

ユウジさん 多分、日本にいても

どうにもなんないかなぁ

って思ったんですよ。

 

結局、どこに行っても

がんじがらめだし

 

学校っていうものがあって、

その学校は自由じゃない。

 

自由じゃないって言ったら

言い方がおかしいかもしれないですけど、

 

教え込みがある社会の中で育つ

っていうところで、

 

どっちみち、それに反発するか、

反発しないと自分自身を見出せなかった

っていうのもあったんで。

 

それなら海外に挑戦してみよう

 

ユウジさん であれば、海外に、

アメリカに行ってみて、

一度、挑戦してみるのがいいんじゃないかな

っていうのがあったんですよね。

 

父は「今、行ったら?」

 

ユウジさん 父も留学に賛成してくれて。

 

そもそも父親は

子育てにあまり関わっていなかったんで、

お金が1年分、許されるのであれば、

っていう風な感じで

海外に、送ってもらいました。

 

だから「今、行ったら?」と。

 

父は、僕が日本にいても

変わんないことは分かっていましたし。

 

このまま日本にいたら、

多分、悪ければ、

警察にさらにお世話になることが

あったかもしれないし。

 

僕を海外に送るっていうのは

一つの作戦じゃないかって

父は感じたと思うんですよね。

 

海外に居場所を探していた

 

ユウジさん でも、それは

自分の居場所を探していたのと

 

本当は逃げたかもしれない

 

ユウジさん 実際は逃げたって

いうのが正しいのかもしれないですね。

悪い友達からも。

 

逃げ回っていたって言ったら

消極的すぎるかもしれないですけど。

退却すべきっていうのも

必要だったんですよね。

 

大きな気づきと、大きな決断

 

ユウジさん だだ、海外に行ったからには

逃げっていうより決断

だったかもしれませんね。

 

やっぱり、大事な人がいなくなる

っていうことで

気づかされたことが多かったので。

 

今思うとなんですけど

そういう苦しい時期があったからこそ

木で例えると

根を増やしていった。

 

外面よりも内面の方が

大事な人を失うっていうことで

いきたわって。

 

でもそこまで気づけなかったですね。

 

とは言え、その経験があったからこそ

今があるので

実際、そういう経験をされている方は

今が踏ん張り時なのかもしれないですよね。

 

まとめ

 

―――ユウジさんは、今の状況から抜け出すには

海外っていうことに気づいて

その年でそれを自分でやりたい

って思ったことがすごいですよね。

 

―――しかも海外は、コンフォートゾーンから

飛び出すことなんですよね。

行ったことのないところだし

まだ高校生で一人で。

 

―――行かないと何かが変わらないことを

その段階で分かって

実行したっていうことがすごいですよね。

 

次回は?

 

そして、ユウジさんはアメリカに行かれます。

次回は、「不登校から海外へ行ってチャンスを掴んだ

ユウジさんのお話 第4話 アメリカ編」です♪

 

アメリカのプロ資格を持つ元不登校のライフコーチ、

自身の経験から不登校に悩む家族支援を中心とした

コーチング活動を行うユウジさん。

 

不登校からフランスのニース大学に進学し

外資系ITエンジニアになった異色の経験を持つユウジさんを

是非フォローしてくださいね♪

Yuuji Tanaka氏のFB

 

アンスクーリングについてもっと学ぼう♪

ユウジさんがおっしゃったように

日本の教育はがんじがらめに

感じることがありますよね。

 

でも、アンスクーリングを選ぶと

日本にいても、どこにいても、

自由だし、教え込みもないんですよね。

 

そんなアンスクーリングについて

もっと学ぶ為に

こちらから登録してね♪

不定期開催の無料講座に参加する

 

無料登録すると

「アンスクーリングわくわくマンデー」ライブの

お知らせも届きますよ♪

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
子ども達がオンリーワンの才能や情熱を育み、 主体的に力強く生きていくアンスクーリングで子育て中のオーストラリア在住2児の母です。一度しかない人生、親も子も時間や場所、固定観念に縛られず自由に自分らしく生きていこう!と自ら実践中♪薬に頼らない健康法や、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理を実行したりといった出来るだけ自然に寄り添う暮らしの中で楽しむアンスクーリングライフをご紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ハピネスの森 アンスクーリング・ライフ , 2022 All Rights Reserved.