Love the life you live. Live the life you love.

種子(ナッツやシード)のアクティベート(活性化)

2020/06/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふみぃ
オーストラリアで自然派子育て中の2児の母です。学校に行かない教育法(アンスクーリング、ホームスクーリング、ワールドスクーリング、ナチュラルラーニングと呼ばれる)、薬に頼らない健康法、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理のレシピ、など出来るだけ自然に寄り添う暮らしとささやかな幸せを追求していっています。

うちのおやつやスナックの定番のナッツやシード。

アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、くるみや

ぺピタス(かぼちゃの種、パンプキンシード)、サンフラワーシード(ヒマワリの種)

などは軽くてかさばらない保存食だし

ブリスボールやロースイーツ(焼かないおやつ)の材料にも使います。

 

ナッツやシードは栄養価が高くて良質なタンパク質や必須脂肪酸、

食物繊維やミネラルなどを豊富に含み健康スナックとして大活躍してくれます。

 

ところがナッツやシードはフィチン酸や酵素阻害剤を含んでいます。

酵素阻害剤はこうした種子が早熟なうちに発芽するのを防ぐ

種子自身にとって非常に必要なものなのですが

それらの種子を食べる私たちの消化酵素にも働きかけるので

せっかくの生の酵素や良質な栄養を私たちが消化吸収するのも妨げます。

 

フィチン酸は豆類や穀類、玄米の胚芽や表皮にも含まれ

ミネラルを結合して体外に排出してしまう、

つまり体がミネラルを吸収するのを妨げてしまうので

穀類や豆類も長時間浸水することでフィチン酸の働きを軽減できます。

豆類や穀物類も伝統的な調理法ではまず一晩浸水するのが通常というのは

理にかなっている事なのです。

 

例えばオーストラリアの先住民アボリジナルの

伝統的な生活を詳しく見ていくと

彼らはナッツやシードを海水に一定時間浸して

アクティベート(活性化)したものを日光で乾燥させて食べます。

pexels-photo-2615031.jpeg

古代の知恵、伝統のすばらしいところは

科学的なリサーチなどしなくても長年の経験や知恵により

そういった生活や健康に重要なことは全てわかっていて

代々実行し、受け継がれてきているということです。

 

今普通にスーパーなどで売られているナッツや種子はアクティベートされていないですし

それ以前にローストされたりして、もう生の状態ではなくなっているのが多いです。

 

ローストすることによりかりっとした食感が生まれ美味しく感じるため、

そして殻から出すためにローストしたりするようですが

高い温度で長時間ローストすることより

健康に役立つせっかくのナッツの多価不飽和脂肪が酸化、損傷してしまい、

また私たちの細胞に損傷を与えうる有害なフリーラジカルを作り出したりします。

更にロースト中に熱に弱い栄養素を失ってしまいます。

 

我が家では有機、無農薬か減農薬の生ナッツや生シードを購入し

一定時間塩水に漬けてアクティベートして、

オーブンの超低温で何時間もかけて乾燥させてから

瓶にいれて密封し冷蔵庫に保管しています。

 

そしていつでも食べれるスナックとして

バッグに入れて出かける際に持って行ったり

サラダに混ぜたり、振りかけたり

ロースイーツ(ブリスボールなど)

Get Lost in Stockholm.png

の材料に使ったりしています。

 

ナッツやシードのアクティベート方法:

1.大きなボウルにこの表を参考にして自然塩を入れ、

ナッツが十分水をかぶるだけの量の浄水(フィルターウォーター)を入れ

混ぜて塩を溶かす。

2.ナッツを入れて表の時間通りに浸水させる。

ナッツ・種 ナッツ1カップ
あたりの塩
浸漬時間 乾燥時間
アーモンド 小さじ1 12-14時間 12-24時間
カシューナッツ ※1 小さじ1 3-6時間 12-24時間
ヘーゼルナッツ ※2 小さじ1 7-12時間 12-24時間
マカダミアナッツ 小さじ1 7-12時間 12-24時間
ピーナッツ 小さじ1 7-12時間 12-24時間
ピーカンナッツ 小さじ 1/2 7-12時間 12-24時間
ウォールナッツ 小さじ 1/2 7-12時間 12-24時間
松の実 小さじ1 7-10時間 12-24時間
かぼちゃの種 小さじ2 7-10時間 12時間
ひまわりの種 小さじ2 7-10時間 12時間
※1 カシューナッツは特にぬるぬるしやすいため、6時間以上浸さないようにし、
急いで乾燥させてください
商業用に販売されているカシューナッツは、自然に発生する有毒なオイルであるカルドールを取り除くために加熱する必要があり、「生」ではありません。
※2 皮のないヘーゼルナッツが望ましい。

 

3.浸水時間が過ぎたら塩水を捨て、ざるにナッツを上げて

流水で簡単にすすぐ。

4.オーブンで超低温(55度から59度の間がベスト)で

表の規定時間乾燥させる。(ネットなどに広げていれて日光で乾燥させたり

ディハイドレーター(食物乾燥機)を使っても良い)

時々混ぜたり上下を変えたりしてむらがないように乾燥させる。

5.食べてみてカリっと自分が美味しいと感じればOK。

瓶などに入れて保存。長期保存ならば冷蔵庫がベスト。

 

アクティベートしたナッツやシードはカリっとしてジューシーで

栄養価も高く、最高のスナックです。

pexels-photo-1295572.jpeg

この記事を書いている人 - WRITER -
ふみぃ
オーストラリアで自然派子育て中の2児の母です。学校に行かない教育法(アンスクーリング、ホームスクーリング、ワールドスクーリング、ナチュラルラーニングと呼ばれる)、薬に頼らない健康法、オーガニックでヘルシーで美味しくて体が元気になるお料理のレシピ、など出来るだけ自然に寄り添う暮らしとささやかな幸せを追求していっています。

Copyright© Fumi Solway , 2018 All Rights Reserved.